本文へスキップします。

カテゴリータイトル

ページタイトル
プレスリリース
INFORMATION

お知らせ:カテゴリメニュー
プレスリリース

アドネットワークのADroute、広告配信事業者内でアドフラウドリストを 共有する『SHARED BLACKLIST MEMBERS』に参画

2020/02/19PRESS

アドネットワークのADroute、広告配信事業者内でアドフラウドリストを
共有する『SHARED BLACKLIST MEMBERS』に参画
-広告業界の健全化・発展に貢献する新たな取り組み-

 

アクセルマーク株式会社(本社:東京都中野区 代表者:尾下 順治 証券コード:3624)が提供するネットワーク『ADroute(アドルート)』は、株式会社Phybbit(東京都港区、代表取締役社長:大月 聡子、以下Phybbit)が、SpiderAFが提供するSHARED BLACKLIST( シェアード ブラックリスト 以下SBL)に賛同し「SBL MEMBERS」に参画しました。SBLとはSpiderAFが提供する広告配信事業者同士でアドフラウドの情報を共有するブラックリストで、各社が一丸となって広告業界の健全化を目指す、日本初の新しい取り組みです。

アドフラウド(広告詐欺)とは、インターネット広告配信において人間がアクセスしたように見せかけて広告を表示させ、広告費を詐取する不正行為のことです。その手口は年々高度化、巧妙化しており日本でも認知度は上がり社会問題となりつつあります。
SBLではアドフラウドを撲滅すべく、各社で保持していた情報を共有することで未然の防止、広告業界の健全化を促進いたします。


ADroute(アドルート)では、これまでもアドフラウド対策を定期的に進めてまいりましたが、近年の巧妙化する手口にスピード感をもって対策を行い、より透明性の高い広告をユーザーに届けるため、本参画を決定いたしました。
これにより、広告主は不正な広告表示を行うサイトやブランドを毀損するサイトを事前に判断することでブランドセーフティを向上させることが可能です。

今後もADroute(アドルート)では、アドネットワーク業者として広告業界に蔓延する不適切な広告表示問題に取り組み、アドフラウド撲滅を目指してまいります。


■SBL MEMBERS としての新たな取り組み

・広告業界全体の基準でアドフラウド判断を審査
SpiderAF利用各社によるブラックリストに加え「SpiderAF監視チーム」による目視確認パトロールを実施することで、今まではグレーであった人為的なフラウド判断の審査基準を一定に保ち、アドフラウド対策やブランドセーフティにつながる安全性の確保に努めます。
 
・事前のアドフラウド対策を徹底・さらに高精度なブラックリスト
情報を共有することで不正・ブランド毀損サイト/アプリかどうかあらかじめ確認でき、事前のアドフラウド対策を強化できます。また毎日何十億ものデータを解析かつ国内の過半数以上の広告配信事業者の参加するブラックリストなため高精度です。

SBLの詳細はこちらからをご覧ください。( https://www.sblmembers.com/ )


■ADroute(アドルート)
ADrouteは、良質な広告をお届けする月間150億impを超えるアドネットワークサービスです。様々な領域の広告出稿に対応することで、広告案件と掲載面の相性を踏まえた広告掲載を行ない、効果指標の最適化を行なっています。
URL:https://adroute.froute.jp/adroute/top/

■SpiderAF
SpiderAFは、誰でも簡単にアドフラウド対策を行えるよう自動化・非属人化に特化したAI搭載アドフラウド対策ツールです。アドネットワーク事業者様をはじめ代理店様、広告主様まで広くご利用頂けるツールを目指します。ブラックリストを一緒にシェアし、業界の健全化をお手伝いいただけるアドネットワーク様を募集しております。
URL:https://spideraf.com/

会社概要

商号
アクセルマーク株式会社
所在地
東京都中野区本町1-32-2 ハーモニータワー
代表者
尾下 順治
事業内容
ブロックチェーンゲーム関連事業、広告事業、 IoT事業
URL
https://www.axelmark.co.jp/

お問い合わせ先

アクセルマーク株式会社 広報担当
東京都中野区本町1-32-2 ハーモニータワー
E-mail:press@axelmark.co.jp
TEL:03-5354-3351
FAX:03-5354-3353

一覧へ